別れ・出会い

ホスト物語 第3話
別れ・出会い

こんにちわ星です♪
文章が苦手ながら続編!

30代のOLさんには
3歳の子供がいた。
その後も数回お店に来てくれた。
離婚して茨城の実家に帰る前に
遊びたかったと
打ち明けてくれた。

最後に
「もう遊びに来れないかな。。。ゴメンね。」
・・・
「こんな俺に今までアリガトウ!」
なんて言っていいかわからなかった。
ありきたりな言葉しか出てこなかった。

彼女は最初から電話番号も教えてくれなかったので
それきり店に来ることはなかった(涙)
彼女のおかげで
最初の給料は10万くらいだっただろうか。
週6日19時~朝6時までの勤務
悲しくなるので時給を計算するのは止めた。

その後もキャッチで
初回荒らし何人かの売上だけで
限界を感じていた。
そんな時だった
フリーで来ていた2人組の席にNO1ゴウさんと
初めて席に付いた。
無我夢中だったので何を話したのか覚えていない(汗)
一人の女の子が自分に場内指名を入れてくれた。
その子は20歳の大学生
名前はセリカ
※おっぱいパブでの源氏名らしい

その後に初めてのアフター
お金のない自分は
「ゴメン。俺。。。金ないんだよね。」
「知ってる新人だもんね!なに食べたい?」
「おごってくれるの??マジ??」
「もちろん!なに食べる?」
俺は迷わず
「朝マック食べたい!」
・・・・
「マック!?いいよ♪」
久々のハッシュポテトに涙が出そうだった。。。

その後セリカは自分の初めての
太いお客さんとなっていくことになる。

つづく
第4話 下っ端からの脱却!

番外編
NO1ゴウさんに気に入られ!?
お店が終わると
よくゲーセンに付き合わされた(汗)
彼はユーホーキャッチャーが大好きで
1万円を100円に全て両替して
ひたすらやりまくる。
「ヒューマお前あれ取れよ!」
取れるまでお金はくれた。でも・・・
飯は。。。おごってくれる事はない。
「飯は自分で稼げ!!」
彼の口癖だった。
「NO3になったら焼肉おごってやるよ!」
彼の言葉を信じて
ゲーセンに付き合い彼を抜く事を目指した。

初回荒らし

ホスト物語 第2話
初回荒らし

おはようございます星です!
男子スタッフが最近お店の女の子に好評です。
何人かの女の子が
「すごい面白い続き書いてくださーい♪」
ムムム・・・
俺のブログも頑張らなければ(汗)
デリヘル社長がホストの話はNGかもしれませんが
人気獲得のため!!解禁♪

ということで
つづき

年下の先輩トラノスケに殴られ
キャッチにも気合が入った
頑張れば何とかなると思っていた。
しかし現実は
基本はシカトされますヾ(‘ω’)ノ
近づくだけで
「ウザイ!」
「ホストきもい!」
「ホストなの?ブサイクだね!」
などなど罵声を浴びまくります。
ブサイク!?俺ってブサイクだっけ?
何回も言われると次第に
俺はブサイクなのかな??
ブサイクなの??
どんどん悲観的になっていきます。
鏡で自分の顔を見て
「俺はイケメン!!絶対にイケメン!」
と暗示のように言い聞かせないと
心が折れてしまいます。

そんな時
代表のカムイさんが
「ヒューマは必ず売れる!」
その言葉に勇気が沸き
キャッチを頑張り数日後に
初めてキャッチに成功
「飲みに行きません?」
「いいよ♪どこの店?」
「クレイズです!」
「いいよ♪いこいこー」

今までの苦労がウソのように
すんなりと成功♪
店に入り
「飲み物は何のむ?」
「もちろんハウスボトルだよ!」
すぐさま慣れない手つきで
焼酎の水割りを作り差し出した
「アナタ新人??」
「はい。。」
「いくつ?」
「25です。」
「マジーーーおじさんウケルーー」

その後も20歳くらいの女の子に
バカにされながらワンタイムが過ぎた。
「延長する?」
と聞いたら被せるように
「するわけないじゃん初回で来ただけだから」
・・・
これが噂の初回荒らし

ホストの多くは
初回は激安で遊べます。
それを熟知した女の子
初回の料金で色々な店で遊ぶ
それが「初回荒らし」

その時の売上は
2,000円だったでしょうか。
数日働いてようやく
給料が1,000円ヾ(o´∀`o)ノ

すでに心が折れそうになっていた。

そんな時だった
30代OLさんのキャッチで成功!!
初めて場内指名を貰い
ビールを飲ませてもらった。
これがキッカケとなり
その後のホストの道が開けることになる。

つづく
第3話「太客できる!?」