プレイバック(3話)


2話こちら

勉強については
Mちゃんに褒めてもらいたい!
不純な動機。。。でありましたが
それまで以上に頑張りました。

中学生あるある!?
女友達からMちゃんの気持ちをリサーチし
見込みあり!当確!?
となり
屋上へ呼び出し
「ぼ・ぼ・ぼくと付き合ってください」

Mちゃん
「はい!」

きぇえぇええええええ!!
天にも昇るとは!まさに!このこと!

注意)一部の記憶は書き換えれてるかもしれません。

部活が終わって一緒に帰る
たまに日曜日に丸広で食事
※飯能の丸広は今はありません(汗)
その程度の中学生らしい可愛い感じでした。

今からは想像が出来ません(;^ω^)

現在は・・・
キャバクラで千円にぎりしめて
「パンツ見せて♪」
など完全なエロおやじ

Mちゃん超豪邸に住む
飯能では!?超お嬢様!!
3年になり進路の話になると

親のススメで都内の女子高を受験すると
告げられる。。。。
でも落ちたら所沢北を滑り止めで。

ぬぬぬぬ!!!俺も所沢北を受けよう!
と決意!!

※また自慢になってしまいますが。。。

当時の私の偏差値は72くらい
担任の先生には川越高校という
地域で一番の高校を勧められましたが。

Mちゃんと一緒の高校へ!!
と強い決意があったので
迷わず所沢北高校を!!

※コロナ前の同窓会で中学・高校と同じだった友達に「ホシって中学までマジ勉強できたよね!」と言われたので妄想でないかと思います(汗)

受験勉強のため一緒に出掛けることは減り
学校から一緒に帰る。近くの神社で
たわいもない話をして家へ送る。

それでも中学生の私にとって
とてもとても楽しい時間でした。

そうして年を越して受験が近づいてきた
ある日に
Mちゃんから
「気分転換に映画でも行こう♪」

「いくいくいくいくいく!!!」
大喜びしたのを覚えています。

当時に流行っていた
「ホットドック」だったような
雑誌を買いあさり
ファーストキスの方法!?
みたいな記事をめちゃめちゃ読んで
友達にも相談して男子と予行演習など
準備は万端!!!!

すると前日にMちゃんから
連絡があり
「おじいちゃんが亡くなってしまって・・・」

バイト休む時に使うよくある言い訳!?
うちの店の子なんて年5回くらい親戚が亡くなる子もいる!
1年でおばあちゃん4人くらい死んじゃう子もいるw

いや!たぶん事実だったと思います。
「じいちゃん!!!あと数日がんばってくれよ・・・」
と思いつつ映画は断念( ;∀;)

すると私の心に悪魔が・・・
Mちゃん女子校おちろ!おちろ!
夜な夜な願う!!

しかし・・・合格( ゚Д゚)

別々の高校に行く事が決定!!!

私の人生の中で突如
国税の調査が来た時より
絶望した瞬間。。。

以降の記憶は悲しくて言えません(涙)
書くほど大したことなかったんですが(汗)

そして所沢北へ私だけ通うことに
高校に入学前にMちゃんとは別れることに・・・
それまで見れなかったのですが・・・
別れる前くらいに目が行ってしまった。

Mちゃん
推定でFカップ以上の爆乳
と気が付く。。。

別れてからは・・・・ずっと脳裏には。
せめてオッパイだけでも触りたかった。。。
すいません。最低な男です(*´ω`*)

※ちなみに成人式の時にMちゃんと再会しオッパイ触らせて♪と言ったらドン引きされました。。。

そうして高校生になりました!まだ身長150cmのチビ

高校生になりエロに目覚め始める!!

つづく

プロフィール

2021-05-09 プレイバック(3話) はコメントを受け付けていません デリヘル仕事