高級ソープ嬢と対面

ホスト物語 第5話
高級ソープ嬢と対面

こんにちわ星です♪
何気にこの物語も何人か
楽しみに読んでくれてるようで続編を♪
ちなみに嫁も読んでいるようだ(汗)

【高級ソープ嬢と対面】
それは突然だった
先輩も
「アイツ新宿では有名な太客のアイカだ!」
みんな指名を取ろうと気合が入っていた。
他の店のルールはあまり知らないが
うちの店はフリーの客が来ると
15分交代で席に付くというルールだった。

15分で自己アピールし指名を競う!
わずか15分での勝負!!
代表のカムイさんが
いきなり
「ヒューマあそこに行って来い♪」

ようやく仕事には慣れてきたが
かなりのプレッシャーだった。。。
席につくなりアイカは
「アンタ新人!?」
・・・
すぐにバレた(汗)
「新人!?一応は3ヶ月くらいだから新人じゃないかな。。。」
その後の会話は緊張で覚えていない。

15分が過ぎて先輩と交代
その後も何人か付いて
アイカはチェックした。

うちの店では場内指名がない場合
最後に見送る役目
送り指名というのがあった。
アイカはなぜか
俺を指名した。

俺は意味がわからなかった。
会話はほとんどしていない。
なぜだろう・・・
アイカに聞いてみた。
「なんで俺なの?」
「うーーん普通っぽいから。」
・・・・
意味がわからなかった。

とりあえず電話番号を交換だけして見送った。
店が終わる頃にアイカが電話が来た。
「ねーご飯おごってよ!」
「え!?俺そんな金ないよ・・・ファミレスでいい??」
「別にいいよ♪」

そして近くの
サイゼリアに行った。
「アフターでサイゼリアってないよね。マジうける♪」
なぜ俺を呼んだか意味が不明。。。

そしてアイカは突然
「今のホストからDVを受けてるから逃げたい」
「引越し手伝ってよ!」
・・・・
「いいけど今じゃないよね?」

「もちろん今から!」
・・・
コイツ本気か(汗)
何を考えてるのかマジ理解できない。。。
でも客になれば大きいと思い
家に車を取りに行った
「てか相手のホストいないの?」

「今日はアフターで他の女とホテルだから帰ってこないから大丈夫!」
・・・
新宿のマンションへ行き最低限の荷物を車に積んだ。

「どこに行けばいいの?」
「アンタの家に住ませてよ!」
・・・
「え!?俺は母親と二人暮らしだからいきなり無理だよ!」

「じゃ家を探そうよ!」
・・・・
なんて強引な女だ(汗)
「そんな金。俺ないよ。。。」

「いいよ私が出すから♪」
・・・・
以下。省略。

ということで
ウイクリーマンションでの
同棲生活がいきなり始まった。。。

つづく 「トラップ」

プロフィール

星 敏彰
写真に一緒に映っている黒い物体!?は愛犬すみれ(アメリカンコッカー)です♪ 埼玉県飯能市 1974年10月13日生まれ 【学歴】 飯能第一小学校 卒業 飯能西中学校 卒業 所沢北高校 卒業 成蹊大学(工学部) 卒業 【職歴】 株式会社タムロン(設計) 東筑波カントリークラブ(練習生) クレイズ(ホストクラブ) スクール21(塾講師) レックテニススクール(コーチ) 転職を繰り返し。。。 漂流先が春日部にヽ(・∀・)ノ 2004年2月に未経験で風俗業界にて起業!!埼玉の春日部にて1号店その後に大宮・越谷へ出店。 さらに2013年に同じく未経験で美容業界にて起業♪ 「俺のヘアサロン」をオープン!! 座右の銘は! 夢は逃げない!逃げるのは、いつも自分だ! 起業する前は、いつも環境・他人のせいにして転職を繰り返し逃げてきました。30歳を迎える前に逃げる事を止めました!自慢できるほど大きな会社ではありませんが、スタッフが幸せで居続ける事が私の一番の目標であり夢です。私は逃げません! 一緒に働くスタッフ・女の子・理容師さん・美容師さんを大募集中しております^ー^心よりお待ちしております♪