ホスト物語(再)第7話

ホスト物語 第7話
チーム結成!

なんか順調な感じみたいですが
ルックスでは売れてる先輩に勝てないので
毎日200人以上の女の子に声を掛け
ひたすらキャッチして。。。
ひたすらひたすらひたすら。。。
朝8時くらいキャッチしてたら同級生に会ったり(汗)
何とか月の売上が100万円あげれるようになってきた。

代表カムイさんが
「ヒューマもチーム持っていいぞ!」
えええええええええええええ
いいんですかーーーー♪

チームというのは
フリーなどのお客さんが来た時に
連れてきたチームのメンバーが優先的に
席に付けるという店のルールだった。
自分のチームを持つと箔が付き
指名も取りやすくなる。

後輩のタクト・ヒロ・タケシ
の3名が自分のチームに加入となった。
自分は昔から!?関西の人間が苦手でした。
※関西の方すいません。
なんかいつでもボケなければならない
みたいなノリが合わなくて(汗)

なのに!?加入した3人とも
なんと関西人!!
大学時代の親友も関西人
苦手なはずなのに・・・
昔から。いじられキャラだからか??

ある日みんなでお好み焼きを食べに♪
すると後輩3人からの
ダメ出し連発!!
焼き方が違うなどなど
なんて面倒な後輩たち(汗)
そんなこんなでチーム活動

TEAMヒューマの方針
「キャッチ・お笑いが命!!」
残念ながら自分も含めルックスで
指名が取れないレベル。。。
キャッチで捕まえるしかない!
それがチームの方針でした。
台風の日も雪の日も
毎日やり方を色々と変えて
キャッチキャッチの日々

雨の日は同情作戦!
わざと雨に濡れて傘に入れてもらう
引く人が多いが、まれに優しい女の子がいる。

マックのポテト食べる子には
「1本だけください」
タクトは
「突っ張り大相撲!!」
と訳のわからない大きな掛け声
女の子をビックリさせたり
他のホストが面倒くさがる
キャッチを毎日たのしんでた♪

半年が過ぎた頃でしょうか
NO5にまで上がってきました。
店で最年長のオジサンが(汗)
その頃だったと思います。

ナオミという年上のお姉様から
理由は覚えてませんが
指名を貰いました。
闇金融で事務をしてるらしい
初日からドンペリを!
そして安定の泥酔。。。

ナオミは酒癖がかなり悪く
気分が悪くなるとスグ帰ってしまう
けっこうシビアなお客でした。
週1くらいでしたが
来ると1回で30万円くらい使ってくれた♪

ある日ナオミが
「ヒューマって私の事どう思ってるの?」
と聞かれ
・・・・うーーん
「俺のお給料!」
ナオミ爆笑
そしてドンペリのビンを
「ヒューマの給料のみまーーす♪」
と言って一気
コールは
「お給料♪お給料♪お給料♪お給料♪~」
思い出すだけで
笑ってしまいます。いいやつだったな!!

その後も何人か固定の指名が増えてきて
NO2までに!!
順調と思われた
そんなある日
社長が他店より引き抜いてきた
最強のライバル
ショウが入店しました。

つづきコチラ!!
ショウ入店

プロフィール

2018-08-08 ホスト物語(再)第7話 はコメントを受け付けていません。 ホスト物語